シェア畑の情報

2017年11月06日

シェア畑最大のメリッが「無効」な人もいる

シェア畑は、かなり「都合の良い農園」です。それが最大のメリットです。

シェア畑

行きたいときだけフラッと手ぶらで行き、それすらもやりたくないときには栽培を人任せにすることもできる。
資材も、いっさい自分で買うことは無い。なんとな〜く、人の言うことを聞いて作業していたら、「畑で野菜作り」ができてしまう。
とにもかくにも、敷居が低い農園です。

たまに行って、なるべく楽にやりたい。難しいことは、自分で考えたり、決断したくない。でも、「栽培」の醍醐味は味わいたい。このようなものを求める人には、ぴったりです。
楽しみで野菜栽培したいのであれば、楽しいところだけしか欲しくないという考え方でもOKだと思います。(農家さんじゃないのですから)

しかし、上記のようなメリットが、全然心に響かない人もたくさんいるはずです。
シェア畑は合わないかもしれないなと思うのは、レディメイドなものが性に合わない人や、自分ならではの方法で栽培したい人です。
マニュアルを見て、みんな一緒の栽培方法でやるとか、用意されている資材を使うこととか、自分で試行錯誤するようなものがほぼ無いことが、「つまんない……」と思う人には勧めません。

自分に合うか、合わないかは、シェア畑の公式サイトを見たときに、「いいかも!」と思うかどうかで、かなり正確にわかるように思います。


posted by hatake at 15:41| シェア畑とは

サポート付き農園は、シェア畑だけじゃない

サポート付きの貸し農園は、シェア畑の専売ではありません。

シェア畑

世の中の貸し農園で一番多いのは、スペースだけ貸して、そのほかのものは、ほぼ借りた人間が自分で何とかする、というようなものだと思いますが、サポートサービスの付いた農園というのも、無いわけではありません。
その「サポートサービス」には、ずいぶんと幅があって、
ある程度の道具を貸してもらえるだけとか、
最低限の草取りだけはしてもらえるとか、
たのめば管理を代行してもらえるとか、
場所によって色々です。

当たり前ですが、サポートの手厚さは、ほとんど契約料金の値段と正比例するものです。
シェア畑は、レンタル農園の中では一番お高いクラスの料金になります。なので、サポートの充実度も一番高いクラスと言えます。

私がシェア畑を「いいな」と思える点は、利用者の希望を、かなり「聞いてくれる気がある」と感じるところです。もしかすると、将来的にサービスがもっと拡大したら、運営の丁寧さは薄れていくこともあるかもしれません。しかし、今のところは、「なるほど、高いだけではない」と思えるサービスであると思います。(各農園によって、やや温度差があるかもしれません!)


posted by hatake at 15:15| シェア畑とは

2017年11月03日

サポート付き農園は、シェア畑だけじゃない

サポート付きの貸し農園は、シェア畑の専売ではありません。

シェア畑

世の中の貸し農園で一番多いのは、スペースだけ貸して、そのほかのものは、ほぼ借りた人間が自分で何とかする、というようなものだと思いますが、サポートサービスの付いた農園というのも、無いわけではありません。
その「サポートサービス」には、ずいぶんと幅があって、
ある程度の道具を貸してもらえるだけとか、
最低限の草取りだけはしてもらえるとか、
たのめば管理を代行してもらえるとか、
場所によって色々です。

当たり前ですが、サポートの手厚さは、ほとんど契約料金の値段と正比例するものです。
シェア畑は、レンタル農園の中では一番お高いクラスの料金になります。なので、サポートの充実度も一番高いクラスと言えます。

私がシェア畑を「いいな」と思える点は、利用者の希望を、かなり「聞いてくれる気がある」と感じるところです。もしかすると、将来的にサービスがもっと拡大したら、運営の丁寧さは薄れていくこともあるかもしれません。しかし、今のところは、「なるほど、高いだけではない」と思えるサービスであると思います。(各農園によって、やや温度差があるかもしれません!)


posted by hatake at 16:20| シェア畑とは

2017年10月30日

シェア畑は、法人契約もできる

シェア畑は、法人契約も可能です。

シェア畑

シェア畑レンタルの契約をするときに、法人名で契約書を書くことはできます。なので、飲食系の法人の業務に、シェア畑で自分たちで育てた野菜を使うことができる、ということです。
素材にこだわったサービスを提供したい、できれば自分たちで栽培したい、と考えているときに、サービスの規模によってはシェア畑で作ることも選択肢に入れられる可能性があります。

法人契約よりもよくあるのは、グループでシェア畑を借りようというパターンです。
シェア畑の契約書を、連名で書くというのは、今のところありません。が、代表者一人の名前で契約し、料金の支払いも、作業の分担も、グループで分け合って行えばいいだけですから、複数の人間で一区画を借りるというのは簡単にできることです。

グループで借りる場合に良いと思うのは、怠け心で畑から足が遠のくことが少ないかなと思える点です。自分だけ作業しに行かないというのは、ほかの人に申し訳なくなるでしょうから。
反対に、「義務感」がプレッシャーになることも考えられますが……。


posted by hatake at 15:23| シェア畑とは

2017年10月26日

シェア畑の駐車場

シェア畑のほとんどの農園には、駐車場があります。

シェア畑

駐車できる台数や、利用方法は各農園によって違います。有料か無料かというところも、各農園によって違います。当然と言えば当然ですが、駐車台数は「郊外>都会」、駐車料金は「都会>郊外」の傾向が顕著です。

駐車場の規模は、場所によりかなり違います。2〜3台のところもあれば、30台ほどのところもあります。少ない台数のところだと、実際にはほぼ使えないこともあるかもしれませんので、駐車場を当てにしたい人は要確認です。


posted by hatake at 20:42| シェア畑とは

2017年10月25日

素人の野菜栽培で、がっかりしがちなこと

シェア畑に限らず、素人の野菜栽培で、こういうことががっかりポイントである、というものを挙げてみます。


シェア畑


結局「がっかりすること」というのは、「そう簡単にうまくいかないこと」「こっちの思い通りにならないこと」ですよね。

  • 虫食い発生
  • 収穫時期を逃す
  • 発芽しない
  • 収穫物ができない
  • 強風で傷だらけ
  • 強風で、ネットやシートが吹っ飛ぶ
  • よく分からない理由で全滅
  • 去年はうまくできて、去年と同じようにやっているのに、なぜか今年はダメダメ
  • 畝の作り方や、シートの張り方などが、自分の区画だけ不恰好

がっかりする気持ちはものすごくよく分かりますが、あまり気にしないでよいことが多いと思います!(全滅の理由とかは、気にしたほうがいいです)



posted by hatake at 13:22| シェア畑とは

2017年10月13日

シェア畑は、食育にも役立つ

シェア畑を、「子供の食育に役立てよう」と考える方は多いです。でも、大人の「食育学習」にだって、役立ちます。

シェア畑

たとえば、食育の指導者になろうとする場合、自分で野菜栽培を経験するのは勉強になるでしょう。シェア畑の場合、有機無農薬の栽培なので、食育学習の目的にかないます。

食育インストラクターになろうという場合に農作業経験は必須ではありません。机の上で、野菜栽培について学ぶだけでも資格は取れます。しかし、野菜栽培に対する理解を深め、農業の大切さ、難しさ、喜びなどを肌で感じるには、畑での作業を実践するのは良いことです。

人によっては、資格を取るために農作業を経験するのではなく、食育について学習して資格を取った結果、野菜栽培に興味を持って、自分の畑を持つようになる人もいると思います。

野菜栽培は、シェア畑でなくてもできます。市民農園を借りてもできますし、小さくやるならプランターでもできます。
手軽にやるならば、シェア畑という選択肢もある、ということです。


posted by hatake at 16:41| シェア畑とは

2017年10月06日

実作業では、こんなことに注意して

素人が畑で作業するときに、気をつけたほうが良いことは……


シェア畑


シェア畑で、農作業になれない人が作業するときの注意点を挙げてみます。

シェア畑独特の注意点というものは無いのですが「独力で農作業したことの無い、農作業自体の経験がそれほど無い方向けの注意点」という意味で挙げてみました。

(シェア畑農業であっても、継続していくうちにわかっていくことばかりです)
  • 休憩しながら作業しよう
  • 真夏は、水分を取りながら作業しよう
  • あまり畑に来られないと思っても、一日に膨大な量の作業、膨大な時間の作業をしようと思わないこと(「一回に三時間も作業したら結構疲れる」と思って)
  • 腰を労わって!
  • アドバイザーが「慎重にやろう」「丁寧にやろう」と言うことは、素直に「慎重に」「丁寧に」やったほうがいい
  • 最初はうまくできない作業も、二回目・三回目になると結構できるようになるので、そんなに心配しなくていい
  • 去年楽に収穫できた野菜でも、今年はなんだかうまくいかなかった、ということも大いにあるので、「実らない! おかしい!」とか騒ぐべきじゃない
  • 適当にやると、適当な結果にしかならないと思うべし



posted by hatake at 14:00| シェア畑とは

2017年10月05日

シェア畑での実作業

シェア畑で、利用者が実際に畑で行う作業を挙げてみます。


シェア畑


「シェア畑の実作業」と言っても、普通の畑仕事と変わることはないのですが……
  • 水やり
  • 除草
  • 間引き
  • 芽かき
  • 施肥
  • 耕す
  • 畝を作る
  • マルチシートを張る
  • マルチシートを片付ける
  • 不織紙を張る
  • 不織紙を片付ける
  • 支柱を立てる
  • 支柱に誘引する
  • 支柱を片付ける
  • ネットを張る
  • ネットを片付ける
  • 苗の植え付け
  • 種まき
  • 収穫
  • 害虫のチェック・駆除

意外に、単純な「除草」が一番ダメージ大きい気がします



posted by hatake at 22:34| シェア畑とは

2017年10月04日

シェア畑で取れる野菜と、八百屋で買う野菜の違い

「シェア畑で取れる野菜と、八百屋で買ってくる野菜の違い」という記事タイトルにしましたが、正確に言うなら、「素人が自分で作る野菜」と、店で買ってくる野菜にはやっぱり違いがある、という話です。


シェア畑


シェア畑にしろ、家庭菜園にしろ、素人が自分で作る野菜は、
  • 形が悪い
  • 大きさがそろってない
  • 筋が入ったり、割れが入ったりする
  • 虫食い跡があったりする
  • 皮が固いことがある(これは収穫タイミングの問題)
などが「あるある」です。上に書いたことは、「一見すると短所に見えること」です。
しかし、「形」「大きさ」などは、食べるときにはあまり関係ないし、虫食い跡だって、「安全の証明」みたいなものです。

あきらかな「長所」を挙げるなら、
  • 採れたてならではのうまさがある
  • 採れたてならではのやわらかさがある
  • 普通は出荷されない部位まで食べられる(芋のつるや、間引き芽etc)
などでしょうか。

「嬉しい悲鳴」みたいなことを挙げてみると、
  • たくさん収穫できるタイプの野菜は、消費が追いつかない
  • 連日食べて飽き飽きしているのに、全然生産が止まらない
  • よそ様に差し上げても、まだ消費が追いつかない
  • 消費が追いつかなさすぎて、ちょっと嫌いになってくる
というようなことがあります。人に差し上げるのも限度があって、週に二回も「大量のきゅうり&オクラ攻撃」を食らったりすると、もらったほうも困るのです。
都会で、あまりご近所付き合いも無い核家族であれば、小さい区画で十分だな〜と思います。



posted by hatake at 15:34| シェア畑とは